ビジネスリュックの選び方

ビジネスリュック 選び方

ビジネスリュック 選び方

ビジネスリュックの選び方

ビジネスリュックはデザインよりも、機能性、使い勝手の良さで選ぶことをおすすめします。

仕事メインで使う以上、使いやすく疲れにくいこと、首や肩、腰を痛めにくいことがとても大切です。

普段から荷物が多い方、出張にも使いたい方は容量の大きなリュックが希望だと思います。
また、電車通勤でA4の書類やノートパソコンが入ればOK、背負っていても邪魔になりにくい薄マチのビジネスリュックが気になっていて、という方もいらっしゃるでしょう。

社会人になったばかり、コスパの良いビジネスリュックを買いたい。

色々なビジネスリュックの選び方があります。

この記事では、ビジネスリュックの選び方のポイントを解説しています。

ビジネスへの使用方法を考えて、どのポイントを優先したら良いかも抑えながら、実際にビジネスリュックを比較、購入して頂きたいなと思います。

使い勝手の良い、ビジネスリュックの選び方

使い勝手の良いビジネスリュックになるか、使い勝手の悪いビジネスリュックになるかは、

「目的に合ったサイズ、構造のリュックかどうか」

が重要になります。

非常に多くのブランドからビジネスリュックが販売されており、それぞれ特徴があります。

人気が高く、歩けば誰かが背負っているといっても良いポーターやノースフェイス。

また、出張時や荷物・書類が増えた時などに拡張できる、エキスパンダブル(マチ幅拡張)のビジネスリュックも種類が増えてきています。

今はたくさんの種類がありますから、選ぶ楽しさは格段に増えましたね。

もしプレゼントでビジネスリュックを購入しようという場合には、

  • 普段、どういった使い方をするのか
  • 荷物量はどれくらいか
  • ノートパソコンは持ち歩くのか
  • 移動手段(徒歩、自転車、電車)

などは事前にさりげなく聞いておくと良いかもしれません。

ほぼ毎日使うビジネスリュックですから、軽さ、背負いやすさも重要なポイントになります。

容量とサイズで選ぶ

ビジネス用リュックですから、重要なのは日々の業務に必要な書類、資料、ファイルなどが入る事は大前提といえます。

基本のサイズとしては、A4サイズ(210×297mm)のファイル、書類などが入るビジネスリュックとなります。

さらに大きい資料を持ち歩く方の場合には、B4サイズ(257×364mm)が収納できるリュックを選ぶようにしてください。

普段、お弁当や水筒をリュックに入れて通勤したい場合などもマチ、奥行きを確認してから選ばないと荷物が入らない可能性があります。

ビジネスリュックを購入する際には、普段どれくらいの荷物を入れるのかを考えて大きさ、容量を選ぶことがとても重要となってきます。

自立するビジネスリュックを選ぶ

ビジネスリュックは自立するタイプを選ぶと、何かと便利なシーンが多いです。

床に置くことも多いですよね。

その時、バタッと倒れるのもなんですし、足で押さえ続けるのもなんだか不格好です。

もし底鋲(そこびょう)が付いていても、フニャッとして倒れるのであれば意味がありません。

自立するビジネスリュックは荷物の出し入れもしやすいので、そうした使いやすさもあるといえます。

PC対応収納で選ぶ

ビジネスリュックを選ぶ時、PC収納をまずチェックする方は多いのではないでしょうか。

ノートパソコンはビジネスの必須アイテム、という方も多いと思います。

出張先に、外回りの空き時間に資料作りやメール返信など行うにはPCを負担なく持ち歩けてしっかり保護してくれるPC収納対応のリュックを選ぶことが重要です。

収納可能なPCサイズにも注意が必要です。

思ったよりも、収納可能なPCのサイズが小さい場合もあります。

普段使いしているノートパソコンのサイズと、ビジネスリュックのPC収納部の寸法を確認することは大切です。

防水性で選ぶ

ビジネスリュックの中身は、ノートパソコン、大切な資料も入っていることが多いと思います。
過去に防水性の無いカバン、リュックで中身を濡らしてしまったことがある方は、まず防水性を確認されるかもしれませんね。

その際、ジッパー(止水ファスナー)やポケット部分に関しても防水性を確認することが大切です。

完全防水のビジネスリュックなら急な悪天候でも安心ですね。

防水カバー付き、といったタイプもあります。
リュック全体をカバーで覆えるので、一手間かかりますが中身は安心です。

カラーは黒、シンプルなデザインがおすすめ

ビジネスに使うのですから、基本的にはカラーは黒、モノトーンカラーを選ぶのがおすすめです。

デザインもシンプルな方がごちゃごちゃした印象を与えなくて良いでしょう。

ビジネスリュックも普通になってきましたが、まだまだ業界やお会いする方によってはあまり良い印象を与えないこともあります。

そうした場合であっても、黒やモノトーンでデザインもシンプルなビジネスリュックは、違和感がないといえます。

2way、3wayでも使えるビジネスリュックを選ぶ

手持ちでも使える2way、肩掛けカバンにもなる3wayなど、シーンに合わせて使い分けたい方も多いのではないでしょうか。

お客様に会う際も、リュックのままで問題無い方もいれば、手持ちタイプにした方が無難、といったこともあるでしょう。

その日の荷物量、移動手段によって持ち方を変えたい、という方もいるかもしれません。

ビジネスリュックの中には、手持ちでも使える2way、肩掛けカバンにもなる3wayなど変えられる商品も少なくありません。

通勤スタイルに合わせて背負いやすいリュックを選ぶ

ビジネスリュックの背負いやすさは商品によって違います。

特に大きく分かれるのは、

・自転車通勤
・徒歩、電車通勤

かどうかではないでしょうか。

自転車通勤がメインの方はショルダーストラップ付きのビジネスリュックはズレないので安心です。
ランニングしながら通勤する方も同様ですね。

徒歩や電車通勤がメインとなる方は、人間工学に基づいてリュックの中身が重くても負担が掛かりにくいリュックを選ばれることをおすすめします。

ノートパソコン、資料も背負う場合には長時間であるほど、肩や背中、腰に大きな負担になることがあります。

腰痛持ちの方は気をつけたいポイントではないでしょうか。

メッシュ、ウレタンのビジネスリュックを選ぶ

スーツでリュックを背負うと、実はスーツがこすれて傷む原因になってしまいます。

素材としては、メッシュ、ウレタンなどを選ばれるとスーツを傷めにくくなります。

USBポート付きで選ぶ

スマホなど頻繁に使う方の中には、USB充電ポート付きのリュックを優先して選びたい方もいるでしょう。

USB充電ポート付きのPCリュックなども最近増えてきました。

歩きながら充電が出来るので、USBポート付きのビジネスリュックも人気となっています。

エキスパンダブル(マチ幅拡張)で選ぶ

出張用としてもビジネスリュックを使いたい、といった場合には容量が重要です。

1泊の出張が多い、2泊3日やそれ以上の出張になることもある、といったような場合には容量をまず確認されると良いでしょう。

エキスパンダブル(マチ幅拡張)機能を持つビジネスリュックもあります。

増やせる容量も様々ですから、用途に合わせてリュックを選びたいですね。

容量を拡張できれば、出張先といわず急に荷物が増えても安心です。

ビジネスリュックの選び方、ポイントのまとめ

通勤はビジネスリュック、という人も本当に多くなりましたよね。

両手が空くのでスマホも使いやすいですし、何より荷物を背負うので通勤や移動が楽になります。

ビジネスリュックを選ぶ際のポイントをご紹介いたしました。

人によっては優先順位の低いもの、不要な機能性もあるかもしれません。

用途に応じて、ビジネスリュックを選ぶ際に注目してみてもらえれば、と思います。

-ビジネスリュック 選び方
-

Copyright© ビジネスリュックおすすめ! , 2020 All Rights Reserved.